特東Aクラスを目指す麻雀

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

手牌読み1

 今回はこの牌譜について考察してみます。
http://tenhou.net/0/?log=2008102321gm-0061-0000-x49f8c172d901&tw=2&ts=4

 このとき僕はたまねぎ雀士さんの配信を見ながら(聞きながら?)打ってたのですが、
なんと僕の対局の観戦をしてるじゃないですか!何か突っ込まれないかヒヤヒヤしながら打っていたところ、7p手出しの後の5mが手出しなのを見逃していましたw(ちなみに普通に打ってても手出し見逃すのはよくあります><)それで結果として…

無題

 この4mを放銃。多分かなりぬるい。とりあえず下家の手について考えてみることにします。

 5pポン手出し7p。まずここで相手は張っていると仮定します。このときの待ちとしては
A、待ちが7pの関連牌
B、7pに関連しないところ
があります。まあ当たり前ですねw

 まずAの場合についてですが、今回は9pが切れていることで6-9p消去。後に5pが通ったことで
55677からの待ち変え消去。6pのシャボになる場合は55667○○でもともと両面なので消去。
8pのシャボは5pポンの直前に上家が8p切ってるので消去。よってこっちのケースはないものと考えます。

 次にBの場合についてですが、とりあえずAの場合とあわせてピンズがほぼ否定されます。
次に索子ですが僕が4mを打ち込んだ時点で2-5s濃厚となります。次に萬子ですが、ここからが問題です。

 まず5mが手出しでない場合は566mからの両面固定をしていない場合以外は萬子はほぼ安全であると考えます。よって2-5s第一本線となります。また打点もその場合2000点に確定されます。

 次に5mが手出しの場合、これはもうすでに張っていた場合は56m○○からの空ギリ(普通しないので赤と振り替えた可能性大)、555m○からのくっつき、456m○など単騎待ちの空ギリが考えられます。この中で単騎は読むのが難しいので僕レベルでは除外します。2番目は先ほどと同じ理由で2-5s本線。
 しかし一番ありそうなケース56m○○からの空ギリでは47m第一本戦、打点3900濃厚となります。

 つまりこの牌はかなりのデス牌だったと考えられます><一つの手出しの見落としが致命的になることはホントよくありますね…

 このような先に6mを切ってあって最終手出しが5m(特にリーチ宣言牌5m)などといったケースはそのターツがかなり待ちになっていることが多いので、注意が必要ですね。

面白いと思った方はぜひ→ブログランキング







スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。